準保育士資格

保育士NO.1求人サイト

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨木、群馬、栃木に特化した求人サイト
今のところ構想段階ですので、どういった基準で准保育士として資格
を認めるかというのがはっきり分かっていません。

政府としては、働きたい主婦層が、不足と言われる保育園で働いてくれる
方が雇用促進、待機児童の解決につながるのでなんとか形にしたいところ
だと思います。主婦層からの選挙票も得られますし。

しかし、現在保育園で働く保育士は猛烈にこれに反対。自分たちの
収入が減る法令は受け入れられないという態度です。

ならば、保育士全体の給料を上げるべきなのですが、現在の行政は
保護者が支払う保育料の上限を設定しており、収入源が限られます。

仮にその上限を超えた場合は、行政から補助金が下りなくなり、ますます
保育士の待遇が悪化するという縮図になってしまいます。

子供をたくさん産んでもらい、高くない保育料で家庭にかかる費用を最小限
にさせたいという意味の行政制度なのでしょうが、これが保育士の給料が安くなる
原因となっています。

しかし、安易に撤廃させれば、今度は保育園が高額になり、通えない
子どもたちが出てきます。

一番現実的な制度としては、補助金をもっと上げることなのでしょうが、
政府が民間企業に厚い手当を施すのは、市場原理を破壊しかねます。

簡単に解決する問題でないから、いつまでも進展しないのです。

ランキングに参加しています。
クリック頂けたら幸いです♪(^_^;)
 ↓ ↓ ↓
    
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。