保育士不足

保育士NO.1求人サイト

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨木、群馬、栃木に特化した求人サイト
日本では慢性的な保育士不足と言われています。
その理由は

1、賃金の安さ
2、責任が重い


保育士の給料についてはこちらでも書きましたが、未来を創る子供を預かる
大切な仕事のはずなのに、なぜか給料が安いのです。

お金に左右されない志の高い人を求めているということでしょうか。
しかし、慢性的な保育士不足や待機児童などの問題を考えると、すぐにでも
私立で働く保育士さんたちになんらかの手当があってもおかしくないはず。

そういった声が増えたのか、政治家の中に危機感を持つ人が増えたのか、
今年の4月から始まった消費税でアップした3%の税収から
7000億円引っ張ってきて、そのうちの3000億円前後を保育士の
処遇改善等に使おうという試みがあります。

もちろんすぐに保育士さん方の給料がアップするわけではありませんが、
数年後には反映されるのではないかと思います。


これは私の見解ではありますが、給料が上がれば「責任が重い」などの
理由で保育園を去っていく人も減ると思います。責任が重いという声の
裏には、給料が安いのに保護者である親の言動やおしつけが煩わしい、という
インサイトがあると思います。

モンスターペアレントというものが一時期話題になりましたが、鳴りを潜めた
だけで、今もそういった親御さんは間違いなくいます。そういった人たちとデリケート
に関わらなくてはいけない保育士さんの給料を増やし、心労を減らすことは決して
間違った行為ではないはずです。

ランキングに参加しています。
クリック頂けたら幸いです♪(^_^;)
 ↓ ↓ ↓
    
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。