保育士不足の理由

保育士NO.1求人サイト

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨木、群馬、栃木に特化した求人サイト
国会でも問題となっている待機児童。待機児童とは、保育施設に預けることが
できない子どもたちのことですが、直接の原因は保育施設の不足です。

低賃金の就業条件のため、働き手が不足しています。結婚などにより
短期間で辞めてしまう女性も多く、慢性的な人手不足の状態が続いています。

保育所の役割をどう考えるかによって、給与が適切かどうかは決まってきます。
誰でもできる仕事だと思っている人も多いですが、現実はそんなことはありません。

乳幼児の時期は多感な時期であり、将来の人格形成に大きな影響を与えます。
大切な時期に間違った対応をしてしまうと、子供は間違った大人になって
しまいます。そのため、児童と接する保育士には教養が必要です。

適切な人材を確保するためには、就業条件を向上させ、豊富な人材を雇用できる
状況を作らなければなりません。それなのに労働環境はなかなか改善されないという
のが現状です。

女性なら共働きのケースが多いため、何とか生活できますが、男性が家族を
養っていくことは難しい水準となっています。(保育士の公務員は別)

その割には仕事の責任が重いため、職場を去っていく人もいます。なにか事故が
あれば、責任を追及されることが多いのですが、その責任に応じた収入を得ていな
いというのが理由ではないでしょうか。

ランキングに参加しています。
クリック頂けたら幸いです♪(^_^;)
 ↓ ↓ ↓
    
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。