延長保育

保育士NO.1求人サイト

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨木、群馬、栃木に特化した求人サイト
延長保育が子供の夜型を促進させると思うのです。

夫婦共働きの家族が増えたおかげで夜10時以降に就寝する子供が増え
ています。都心ほどその現象はよく見られ、この夜型への変化が子供の
生活習慣病の元凶とまで言われています。

生活のためとはいえ、朝から子供を保育園に預ける行為は、親とのかか
わりを薄くします。園で働く保育士さんも疲れ、延長保育の時間は配置
人数も薄くなっています。

10時に子供が寝てくれるならまだしも、11時、12時以降に就寝する子供
もずいぶん増えたように思います。田舎でもこの現象は起こっているそう
で、朝起きれず、睡眠不足の状態で朝食もままならず、園に来てもボーッ
としていて怒りっぽくなったりなど、何かとトラブルが多いそうです。


家族そろって夕食を食べられないというのも残念です。

延長保育を含めた長時間のサービスを受けると、保育所で夕食を食べる
ことになります。こうなると家に帰ってからなかなか食べる気になりませ
んから、子供は親と一緒に食事をしなくなります。

こういったことの積み重ねが一緒に食事をとらない習慣をつくって
しまうのではないかと思うのです。実際にテレビやビデオ、漫画などを
相手に自分の部屋で食事をとる子供が増えているという報告があります。

こういった子は、親がいても一人で食事をするそうです。このような
ことから子どもたちの心に穴が開くのでないでしょうか。それが大きく
なり非行に走ったり、不登校などを引き起こします。

とまあ、なんだか口うるさいおばさんみたいなこと言ってますが、
私自身食事は一人で取ることが多いので、正直あまり大きな声では言え
ません・・・・・(笑)

でも、現代に必要なことってこういう家族とのつながりですよね。
せめての家族団欒の時間が、こういう行為の積み重ねによって奪われて
しまっているということです。

これは保育園が悪いというより、夫婦共働きの忙しい現代の社会が
よくないですよね。そういう働かないといけない必要性を産んでしまった
社会が歪んでしまったということでしょうか。


ただ、これに甘えて園に預けっぱなし保護者もいます。我が子を迎えに
来れる状態なのに、どういうわけか延長保育を利用するのです。こうなる
と子供があまりにも可哀想です。

仕事だと嘘を言って迎えに来ないのですから。だから、最近は保育園を
子供を長時間預かってくれる便利サービスみたいに捉えている人もいます。

「保育園はそんなところじゃないですよ」と言ってやりたくなります。


延長保育を利用するお母さんはストレスが溜まってしまっている傾向の人
が多いです。過去のアンケート結果に「時間がない」「忙しい」
「つい子供を叱ってしまう」「イライラしてしまう」などの記述が多く
あったそうです。

一日中働いたお母さんはそれだけ自分にも疲労を溜めています。

家に帰れば家事がたまっていたり、旦那に食事を作らなければなりません。
その時、ついわが子によくない行動をとってしまいがちです。

延長保育は働く親にとって便利なものですが、こういった問題もはらんで
いるのですね。

ランキングに参加しています。
クリック頂けたら幸いです♪(^_^;)
 ↓ ↓ ↓
    
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。