保育士の仕事について

保育士NO.1求人サイト

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨木、群馬、栃木に特化した求人サイト
​18世紀の教育者ジョン・ロックの言葉に

「人が生きていく中で大事なことほど、何度でも繰り返す根気が必要である。
何度も繰り返していくと、それが習慣になる。苦労して作られた習慣の中から、
その大事なことは生まれてくる。人間の性格は生活から作られるのである。」

というものがあります。

こんなこと言うと、お父さん、お母さんに反発を受けるかもしれませんが、
子供の素養は、親が自分の生きている時間を諦めたか、 子育てをとおして
どれだけ時間をかけたかによって大きく変わってきます。

つまり、 親の犠牲の上に成り立つということです。

「手塩に掛けて」 という言葉がありますが、 いかに子育てに手間暇をかけ
るか、自分の時間を削って躾けをし、社会性を身につけるかによります。

しかし、現代の親は子育ての忍耐がないように思えます。子供を育てることに
よって親はどんどん親に近づいていきます。ですが残念なことにそういったもの
が希薄になっているように思います。

そういうものが子供にも伝わり、その子供が親になったときに次の子供に
同じことが繰り返されます。これでは教養ある子が育ちませんし、何より子供が
可愛そうです。子供は何も知りませんから、親がひとつづつ何度も何度も大事
なことを伝えていかないといけません。

それが産業社会の変化によって、自分の手で我が子を育て教育する機会が減って
しまいました。忙しい親たちは、その代わりにそれを埋めるかのように手をかけれ
なくなった躾や教育まで便利な社会に請負ってもらっています。

親たちがそれを望んでやっているか、仕方がなくそうしているかは分かりませんが、
それが最近の保育園の事情ではないでしょうか。

言葉を悪くして言えば、「子育てを外注化する」そのような感覚で教育を
おこなっている家庭が非常に多くなってしまいました。特に都心では、子供の成績に
関心をもたない親が増えてきています。これは「親が自分の子供の将来に関心を示さ
なくなった」ということでしょう。

なんとも悲しい社会になってしまいました。

ましてやこれからは、極度の格差社会なります。愛情を与えられずに育った子供が
格差の上位にこれるのでしょうか?私は疑問に思います。

愛情をあまり与えられずに育った子供は人に愛情を示すことが難しいようにも思い
ます。その負のスパイラルがさらなる少子化を生み、さらなる格差を生み、自己中で
利己的な人間を生むような気がするのです。

親がそういったことに早く気づいてくれれば良いのですが、現実はそうもいきません。

そういうことをうまく間接的に伝えていくこと、伝えれる人が大事になってくるので
はないでしょうか。こういうこと言うと、保育士の仕事が増えてしまいますが、
日本の未来を考えた時、子供たちの将来を考えた時、そういったことが大切になって
くるのではないでしょうか。


でも、こういうことに口出すと、キレる親が多いから困りますよね・・・・


ランキングに参加しています。
クリック頂けたら幸いです♪(^_^;)
 ↓ ↓ ↓
    
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。